NEW POST

文庫革の財布

d0113668_01040732.jpg




浅草で出会ったのは、
文庫革という工芸品です。




浅草寺の側の細い路地に
一瞬着物屋さんかなと思う
素敵なお店がありまして、
ちょっと除いてみましたら、
とても手の細かい革製品が並んでいました。



外国の方も沢山お買い物をされていらっしゃったのですが、
着物の時にも映える和の絵柄。
そしてそれにモダンさも加えられています。



文庫革とは、播州姫路で生産された、
姫路革とも呼ばれる真っ白な革に、
一筆、一筆、職人さんの手で色彩され、
漆と真菰マコモというイネ科の植物の胞子の粉を用いて、
「錆入れ」という技法で仕上げられたもの。



昔ながらのこの製法で文庫革の名前で製作しているのは、
日本でこちら1軒だけだそうです。



ずっと気にいる物を探していたお財布が
この浅草で見つかるとは!
天赦日と寅の日が重なる縁起の良い日に
早速使い始めました。




最近はお財布も、
お洋服や鞄によって入れ変えることが多いので、
また浅草にお伺いして他のものもみてみたいです。
出会いのあるお買い物でした。
大切にしよう…




興味のある方は
こちらをご覧くださいね。








クリックお願いします




 
お仕事・レッスンのお申し込み・お問い合わせは

まで












[PR]
by couture_de_miue | 2017-03-03 14:14 | Miue Select | Comments(0)

Couture de Miue(クチュール・ドゥ・ミュウ)は西宮苦楽園にて        【料理】【器】【花】を通して、皆様のセンスアップを目標にレッスンしているお教室です。「暮らしを楽しく素敵に彩るRecipes(レシピ)」のご提案。


by couture_de_miue
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31